必要資格

免許の種類 1級 or 2級小型船舶操縦士
受講資格 1級:17才9ヶ月以上
2級:15才9ヶ月以上
免許取得資格 1級:18才以上
2級:16才以上
  • 水上オートバイ乗るには「特殊小型船舶免許」が必要です。

おすすめコース

5つの『安心』で合格までを完全サポート!!安心パックコース
Point1
当スクールが行う修了試験を合格すれば国家試験が免除!
Point2
万が一、修了試験に不合格でも補習・再試験の追加料金が不要!
1級安心パックコース 118,000円(税込)
2級安心パックコース 98,000円(税込)
1級+特殊
安心パックセットコース
159,800円(税込)
2級+特殊
安心パックセットコース
139,800円(税込)

受験・受講のお申し込み

ヨット

ヨットとは

 帆(セール)に風を受けることによって推進力を得て航走するのがヨット(帆船)です。エンジン付きのヨットもありますが、帆走(セーリング)中はエンジンを使用せず、風の力だけで走ります。
 日本と違って欧米では個人用の大型で豪華なレジャー専用船全般(エンジンのみで走る船も含めて)をヨットと言います。

 ヨットには1~2人乗りのディンギーと言われるタイプ(セーリングディンギー)と主に4~6人乗り以上で船内に居住設備(ベッド・キッチン等)を備えたクルーザータイプ(セーリングクルーザー)と大きくわけて2つのタイプがあります。

 ディンギーは学生のヨット競技やオリンピックの競技種目として使用されたりもします。
 ディンギーには基本的にエンジンはありません(ですから無風だと全く走れません)ので、操縦に際して船舶免許は必要ありません。

 セーリングクルーザーは、構造上耐候性に非常にすぐれるとされ、実際、外洋でのクルージングやレースに多く使用されています。
 長期間かけて世界各地を転々とクルージングされたりする方もおられます。またシングルハンド(1人のみで操船)で世界一周をするといった過酷なレースもあったりします。

ヨットの楽しみ方

風を読み、帆を操り、自然を感じて進むヨットの快感は爽快そのものです。自然の力を使って走るヨットには独特の奥深さがあり、それ故にはまり込んでしまう人もたくさんおられます。
大海原の中を風と波の音しか聞こえない状態で(セーリング中は通常エンジンを使用しませんので騒音が無い!)ゆったり走るクルージング派。
いかに風をつかむか、いかに帆の出し入れを調整するか、風を読む技術・数センチ単位の帆の調整でスピードに差が出る技術と感性を競うレース派。
どちらであっても、はいり込むとぬけられない魅力がヨットにはあります。